相場情報

トップ >  相場情報 > 7/31 後出しじゃんけんその2

相場情報

7/31 後出しじゃんけんその2

2020/07/31 相場情報

LME銅建値計算値 72 NY銅建値計算値 72万

LME銅セツル  6433.5ドル(-41.5ドル)
⤴⤴⤴⤴⤵⤴⤵
LMEカーブ   6430.5ドル(-43.5ドル)
⤴⤵⤴⤴⤴⤵⤵
LMEアルミ   1681.5ドル(-5.5ドル)
⤴⤴⤴⤴⤴⤴⤵
LMEニッケル  13716ドル(̟+234ドル)
⤴⤵⤴⤴⤵⤴⤴
LME亜鉛    2275ドル(-11ドル)
⤴⤵⤴⤴⤵⤴⤵
LME鉛        1841.5ドル(-5.5ドル)
⤴⤵⤵⤵⤴⤴⤵
TTS           106.09円(5銭円高)

おはようございます。

アメリカ新規失業者数が予想を下回ったことと、想定内ですがGDPがすごい落ち込みを見せるなど売られやすい展開でした。

原油も久しぶりの39ドル台まで下落。

日本経済も2018年10月から景気後退局面に入っているとの報道で、今2020年7月であるので、景気後退にはいるか入らないか判断するのに2年弱必要なんですね。8から10%に上がった消費増税の1年前から景気後退局面であったということはどうなんでしょうかね。

 

後出しジャンケンの話その2

普通に考えれば後出しジャンケンが勝つので、相手の出方を見ながらじっくりと値段を出すのがベストです。僕は相見積もりや入札の時は、見積もりに対して日時が決められていることが多くその日に合わせますが、そうでない時は出来るだけ早く値段をお伝えする様に心がけております。

弊社客先がさらにお客様から買ってくる場合、一番困るのはいくらで買ってこればいいのかではないでしょうか。

また微妙なグレードおよび品位の物もあり、通常だと500円で買えるものが少々付き物などが付着していて値段が下がるかどうかの判断もLINEなどで早くした方がベストだと考えます。

そう言った時のフットワークの軽さと商品に対しての判断(この判断は最終ユーザーに入れていない転売屋さんではなかなか難しい)を売りにできればと思います。

またTime is money とも考えて、時間を割いてあっちゃこっちゃに聞いて数円高く売るよりか次々と次の事に進んだ方がよっぽど両社の為と思います。

 

要するに、買う買わない売る売らないをパパッとやった方が気持ちいいじゃないですか!

 

こんな感じで商売してるから、ありがたい事に弊社の客層がサッパリとした感じのお客様ばっかりになっております。

 

双方が前を向いて発展できるような関係がベストと考えます。

 

そういえば昨日入札で名古屋港の岸壁に居たのですが、急に地震速報が流れだしビックリしましたね。

海のそばなんで…

誤報だったみたいですが、誤報でも鳴るだけいいと思いました。

それでは行ってきます。

 

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金などの非鉄金属が好物です!

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 産業廃棄物特管収集運搬 愛知・三重・岐阜   
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ