相場情報

トップ >  相場情報 > 7/1 6000ドル超えてきましたねぇ~

相場情報

7/1 6000ドル超えてきましたねぇ~

2020/07/01 相場情報

LME銅建値計算値 69 NY銅建値計算値 69万

LME銅セツル  6038ドル(+81ドル)

LMEカーブ   6015ドル(+53.5ドル)

LMEアルミ   1602ドル(+23ドル)

LMEニッケル  12790ドル(̟+106ドル)

LME亜鉛    2056.5ドル(+34ドル)

LME鉛        1788.5ドル(+5.5ドル)

TTS           108.74円(50銭円安)

こんにちは!

銅相場は6000ドルを超えて推移しておりますが、この水準を確保できるかどうかがキモですね。しっかりと6000ドルを推移すれば6200ドルあたりが次の目標値でしょうか。

先ほど建値1万がって7月最初の建値は69万となりました。前にも書きましたがおもいのほか値段だけが踊っている展開からすこしづつまともになりつつあります。(やっぱり予想が当たったのか!)

7月相場はこんな感じ

銅:強含みも高値調整はある!きっとある!!
真鍮:国内向け売りづらい。輸出元気
砲金:あれば売れます。
アルミ:上げ
ステンレス:様子見横ばいも…
鉄:ここから弱くなりそうな気配
輸出:コロナに負けじと良いのか悪いのか解りませんが、なんか頑張ってますね…
 

香港問題

アメリカのポンペオさんが香港の問題で香港と中国を一国一制度として扱うような談話がでておりました。

そうなったときに香港の経済はいろいろと圧力を受けるでしょう。

今後の動きとしては、アメリカが香港に認めている優遇措置(関税やビザ発給など)の廃止に向けた動きになり、さらにドルペッグ制が今後も続くのかという点が重要かと思います。普通に考えればアメリカ企業もたくさん香港に出て行っているので、ドルペッグを変更するようなことはないと思いますが、トランプさんならやりかねないかも…

 

そうなった場合、少なからずスクラップの方も影響受けるかもしれません。

 

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金などの非鉄金属が好物です!

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 産業廃棄物特管収集運搬 愛知・三重・岐阜   
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ