相場情報

トップ >  相場情報 > 5/20 フロン改正法のその後

相場情報

5/20 フロン改正法のその後

2020/05/20 相場情報

LME銅建値計算値 61万 NY銅建値計算値 61万

LME銅セツル  5314ドル(+64.5ドル)
⤴⤵⤵⤴⤴⤴
LMEカーブ   5355ドル(+37.5ドル)
⤵⤵⤵⤵⤴⤴
LMEアルミ   1464ドル(+22.5ドル)
⤵⤵⤵⤵⤴⤴
LMEニッケル  12300ドル(̟+350ドル)
⤴⤵⤵⤵⤴⤴
LME亜鉛    2017ドル(+20ドル)
⤴⤵⤵⤴⤴⤴
LME鉛        1638ドル(+27ドル)
⤴⤵⤵⤴⤴⤴
TTS           108.35円(16銭円安)

おはようございます!!

ドイツのZEW景況感指数の大幅な上昇やアメリカ建築許可件数の良好な数字、中国全人代への期待などから相場は上昇。

前にも書きましたが、銅相場5500ドルあたりまでは上昇するかもしれませんね。(予想的中となるでしょうか?)

 

個人的な感覚として、金属スクラップ全般の発生の最悪は5月6月7月と考えております。その後、梅雨が明ける頃から多少上向いて12月頭ぐらいにはある程度まで戻っているとの希望的観測。(予想的中となるでしょうか??)

☝これは相場以上に予想が当たってほしいところです。

 

さて、4月より業務用エアコンの買い取りに対してフロンガスの書類を添付して頂かないといけなくなりました。

最初の内は結構問い合わせを受けてご説明しておりましたが、ここ最近は周知の事実かのように皆様ちゃんと書類を所持しお持ち込み頂けております。

業務用エアコンは、工程管理表と一緒にお持ち込みして買い取り処分できるのですが、まだ家庭用のエアコンの買い取りができますか?との問い合わせもチラホラあります。

たぶんこういった家庭用のエアコンを闇でやっているとこはまだまだあるんでしょうね。

同業者のヤードの前を通ったりすると、まだ家庭用のエアコンが積んであるのも見受けられます。

けっこう根性が座ってますね!

 

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金などの非鉄金属が好物です!

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 産業廃棄物特管収集運搬 愛知・三重・岐阜   
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ