トップ > 

5月 20th, 2022

5/20 2050年銅は枯渇するのか?

2022/05/20 相場情報

LME銅建値計算値 125万 NY銅建値計算値 126万

LME銅セツル  9287ドル(+22.5ドル)

LMEカーブ   9415.5ドル(+180.5ドル)

LMEアルミ   2826ドル(-19ドル)

LMEニッケル  26125ドル(-55ドル)

LME亜鉛    3647.5ドル(+1ドル)

LME鉛        2033ドル(-44ドル)

TTS          129.43円(90銭円高)

原油     112.21ドル(bbld)+2.62

銅・アルミ・ステンレス・特殊金属・電線・真鍮・砲金などの非鉄金属が好物です!!
お持ち込み・お引き取りのご相談お待ちしております。

おはようございます。

なんで上がったんですかね????

ドル安???中国の景気刺激策期待??←こうやって書けば上がった時になんとでも説明がつく魔法の言葉です。

昨日、建値改定しないと思ってましたが下げましたね。1~2万下げ余地だったので動かさないかと思ってました。

 

朝の情報番組

いつもながらモーニングサテライトを見ております。今日はマーケットリスクアドバイザリーの新村さんが出てて銅の話をしていたので引用します。

まず画像はないですが、世界の人口動態にて人口が増えれば銅需要が相対的に増えてくるというところから始まりました。

次にこの図

銅の推定何採掘埋蔵量は今の採掘コストにての数値であり、2050年には枯渇するという予想。
ちなみにこのデーターに脱炭素などのプラスアルファ要因をどこまで見ているかは不明
(緑の線はリサイクルを徹底した場合)

 

今後、脱炭素需要に対して足もと言われていることとして内燃機関から電気自動車への移行が進むと仮定すると、1台あたり約3倍の銅を必要とする。

 

2050年温室効果ガスの実質ゼロを目指すという観点から、2030年には6000万台のEVカーが走行する世の中になる。

6000万台×60㎏(83㎏-23㎏=60㎏)=360万tの需要増

最初のグラフに戻って、50年には枯渇するという計算から新規鉱山開発にかかる時間を差し引くと2030年ごろには新規開発を始めないと遅い。

もしくはコストをあげてもっと深く掘るかって感じです。

よって、コストが上がれば銅価格は上昇します。

 

価格のことばっかり書きましたが、大事なことは一番最初のグラフであるできるだけリサイクルして延命すること!!

銅単体だけではなくて、いろんなところに銅は使われておりますのでそれを回収、分離、選別し元にどんどん戻していきます。

ご相談ございました下記のメールまで!! LINEでもお問い合わせ受け付けております。

では行ってきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

数量の多い場合のお問い合わせはメールで宜しくお願い致します。yamauchi@yamauchikinzoku.com

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
ご一緒に産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 産業廃棄物特管収集運搬 愛知・三重・岐阜   
産業廃棄物中間処理 圧縮・選別許可

商材:ピカ線、上銅、込銅、KFC、セパ、セパメッキ、コーペル、真鍮粉、ワイヤーカット、砲金各種、ビスマスその他鉛レス、りん青銅各種、剥ける線(ナゲットしてメーカーにも納めてます)雑線、変わった線も… アルミ各種、印刷版、63s、63sビス付き、鋳物コロ、鋳物新屑コロ、1s、2s、3000系から7000系もろもろ、ステンレス各種、SUS309、SUS316、SUS310、インコネル、ハステロイ、ナイモニック、A-286、チタンもろもろ、亜鉛、カークサイト、込み丹入、亜鉛ダイキャスト、鉛各種、上鉛、込み鉛、活字鉛、バッテリーなど

 

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページのトップへ