トップ > 

10月 12th, 2021

10/12 また相場が上昇局面ですか?

2021/10/12 相場情報

LME銅建値計算値 112万 NY銅建値計算値 112万

LME銅セツル  9527ドル(+281ドル)
⤵⤵⤴⤵⤴⤵⤵⤵⤵⤴⤴⤴⤴
LMEカーブ   9543ドル(+182ドル)
⤵⤵⤴⤵⤴⤵⤵⤵⤵⤵⤴⤴⤴
LMEアルミ   3020ドル(+118ドル)
⤵⤴⤴⤴⤵⤵⤴⤵⤵⤵⤴⤵⤴
LMEニッケル  19420ドル(+550ドル)
⤵⤵⤴⤴⤵⤵⤴⤵⤵⤴⤴⤴⤴
LME亜鉛    3198ドル(+100ドル)
⤵⤵⤴⤴⤵⤵⤵⤵⤵⤴⤴⤴⤴
LME鉛        2281ドル(+26ドル)
⤵-⤵⤴⤴⤵⤵⤵⤵⤵⤴⤵⤴⤴
TTS          113.30円(57銭円安)

原油     80.52ドル(bbl)+1.17

銅・アルミ・ステンレス・特殊金属・電線・真鍮・砲金などの非鉄金属が好物です!!
お持ち込み・お引き取りのご相談お待ちしております。

おはようございます。

何もかも高騰しております。

原油は80ドル台へ、為替は日米金利差や岸田さんが金融所得課税を当面見送ることを発表し円安方向へ進行。2年10か月ぶりの113円台へ。次の節目は113.8銭付近

銅も上昇し9500ドル台へ。もしかすると再加速もありえるのか?とも思えますが、これ以上の上昇は経済の景気的によろしくないと思っております。最近のニュースでもチラホラ出てますが物価高によるスタグフレーションの懸念です。

スクラップの商売もお金ばっかり使って何にも残りません(笑)

込み銅10t買えばもう1千万です。それで一体いくら残るのか?はたまた減ってるのか??

やってて疲れますね。

アルミは2008年以来の高値。

ロイターか引用

11日の商品市場で、アルミニウムが2008年以来の高値を記録した。深刻化しつつある電力危機で、エネルギーを大量消費するアルミの供給が圧迫されている。アルミはビール缶から米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に至るさまざまなものに使われている。

アルミは基本的に「固形の電力」だとのジョークも業界内では聞かれる。生産には1トン当たりに約14メガワット時の電力量を要する。これは平均的な英住宅の消費電力量の約3年分に相当する。年間当たりの消費電力量6500万トンのアルミ業界が国だとすると、電力消費の大きさでは世界第5位となる。

このためアルミは産業界のエネルギー使用を抑制しようとする中国の取り組みにおいて、最初の標的の一つとなった。同国は将来の生産能力を制限する措置を設けている。これは何年にも及ぶ過剰な生産拡大の終了を目指すもので、世界的な供給不足が深刻化する見通しが強まっている。アジアや欧州全体でのエネルギーコスト急上昇はさらなる供給削減のリスクがあることを意味し、価格はさらに一段と上昇するとみる投資家もいる。

1日のロンドン金属取引所(LME)で、アルミは前週末比3.3%高の1トン=3064ドルと、08年7月以来の高値を付けた。この日はアルミ中心に、非鉄金属が広く値上がりした。銅は1.9%高。亜鉛は2.5%高の1トン=3230ドル。

ロイター

次もロイター

 

ロイターにて面白い記事があったのでさらに引用

 

ダイヤモンド、サングラス、高級スポーツウエアにコンクリート。どれも気候変動問題に関連しているという。なぜなのか。

実は、これらの製品はすべて温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を使って作ることができる。そしてCO2の再利用という潮流の変化を支える技術系スタートアップ企業が投資家の注目を集めている。

使われるのはバクテリアやタンパク質で、化学的に反応を加速させる方法もある。ほとんどの企業はCO2を炭素と酸素に分解し、消費財に使われる別の化学物質を作り出している。

ロイターがピッチブック、サーキュラー・カーボン・ネットワーク、クリーンテック・グループ、クライメート・テックVCのデータをもとに推計したところによると、この分野の企業の資金調達は年初来で8億ドル強と、既に昨年全体の3倍以上に膨らんでいる。

回収したCO2からダイヤモンドを生み出す技術を研究しているイーサー・ダイヤモンズのライアン・シェアマン最高経営責任者(CEO)は、「環境税とは言いたくないが、本当に関心を抱いているわれわれの顧客は、多少価格が高くても買うつもりだということが分かった」と話した。

カーボンキュア・テクノロジーズのロバート・ニーヴンCEOに聞くと、人を魅惑するという点でダイヤモンドの対極に位置するコンクリートも、やはり脱CO2がマーケティングにとって有効だ。同社は生コンクリートにCO2を注入し、強度を高める技術を開発した。

同社の技術導入先の90%は、競争力の強化を目指す大小の独立系コンクリート製造会社だという。

国連の推計では、気候変動を抑制するには、今世紀半ばまでに世界で年間100億トンのCO2を回収・貯蔵する必要がある。今のところCO2回収は試験的に実施されているだけで、規模は数百トンから数千トン。年100億トンなど夢のようだ。

人類が生み出す温室効果ガスはCO2換算で年間約500億トンに上る。

コロンビア大学が5月に発表したレポートに基づけば、CO2の再利用が可能な化石資源由来の製品の排出量は約68億トン相当。しかしリポート執筆者の1人であるアマー・バールダワジ氏の話では、CO2排出量を削減する、よりコストの低い方法があるため、化石資源由来の製品のCO2を全て再利用CO2に置き換えようとするのは「CO2再利用の誤用」だという。

化学反応を利用してCO2を再利用する技術を開発したトゥエルブのニコラス・フランダース共同創設者は、CO2を回収して地下に貯蔵するよりも再利用する方が有効だと話す。「開発しているのは、化石燃料と互角に渡り合える技術」であり、CO2排出量を減らすために経済的なインセンティブを加える必要はないという。

これは消費者の多くが「グリーン(脱CO2)」という表示に引き付けられるからだ。

スポーツ衣料大手ルルレモン・アスレティカは、微生物の発酵による化学合成技術を持つランザテックと組んで、CO2からポリエステル糸を製造すると発表した。今後はこの糸を製品に使う予定だ。

ロイターが調べたところ、ランザテックはこの分野で資金調達額が最も大きい。同社の技術はバクテリアによってエタノールを作り出す。エタノールはエチレンに変化させることが可能で、エチレンはペットボトルからポリエステルまであらゆるものの製造に使われる。

ジェニファー・ホルムグレンCEOは、ランザテックのエタノールはトウモロコを原料とするエタノールよりも価格は高いが、より環境に優しい製品を求める顧客が購入していると説明した。

この分野では、ヒューストンに拠点を置くソルゲンに3億5000万ドル以上が振り向けられたのが今年最大の投資案件。同社はCO2などを酵素に還元し、強化セメントや水道管のコーティングなどに使われる化学物質を製造する。

ガウラブ・チャクラバーティCEOによると、同社の製品は既に化石資源由来の製品よりも安価だ。工場から排出されるCO2や大気中のCO2の回収はしていないが、「選択肢の1つ」だという。

多くの投資家はCO2回収業には明るい展望を持っていない。こうしたプロジェクトは巨額の費用がかかり、リスクも大きいため、政府が資金を出すべきだとの考えだ。

しかしピュア・エナジー・パートナーズのマネージングパートナー、ニコラス・ムーア・アイゼンバーガー氏は、空気中のCO2を直接回収するグローバル・サーモスタットに投資している。投資の機会は確実で、プロジェクトの規模が大きくなればコストは下がると見ている。

科学は、気候変動を食い止めるには10年以内に取り組みを始める必要があると教えている。ほとんどのベンチャー投資家やプライベートエクイティ(PE)投資家にとって、これは投資の時間軸にすっぽり収まる」と力説した。

ロイター

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

数量の多い場合のお問い合わせはメールで宜しくお願い致します。yamauchi@yamauchikinzoku.com

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 産業廃棄物特管収集運搬 愛知・三重・岐阜   
産業廃棄物中間処理 圧縮・選別許可

バックナンバーはこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページのトップへ