相場情報

トップ >  相場情報 > 12/19朝の銅建値計算値と金属相場

相場情報

12/19朝の銅建値計算値と金属相場

2016/12/19 相場情報

LME銅建値計算値71万 NY銅建値計算値71万

おはようございます。

土曜日に更新できなかったので本日土曜日の計算値を記載します。アメリカ住宅着工件数が予想を大幅に下回ったことやLME銅在庫の増加を受けてカッパーは続落です。ニッケルも11000ドル近辺まで続落です。ロイターに特別リポートで脚光を浴びる金属素材なるレポートがありました。これから車は電気自動車に代わっていくからあるファンドがバッテリーに使われているリチウムに投資をしているとのことです。今のバッテリーのトレンドはリチウム・ニッケルマンガンコバルト酸化物が正極で、黒鉛が負極です。リチウムの大半は南米のチリ、アルゼンチン、ボリビアにある「リチウム・トライアングル」と呼ばれる地域だそうです。ここらへんは熱い地域となりそうですね。また、コバルトも注目です。コバルトは銅やニッケルの精錬時の副産物として産出されることから不安定で価格が高騰しやすいみたいです。一つ勉強になりました。


このページのトップへ