相場情報

トップ >  相場情報 > 9/23朝の銅建値計算値と金属相場

相場情報

9/23朝の銅建値計算値と金属相場

2016/09/23 相場情報

LME銅建値計算値53万 NY銅建値計算値53万

おはようございます。

日銀の長短金利操作付きQQEから102円70銭あたりまで円安が続きその後一服感からのFOMCの現状維持+年内一回の利上げで一気に円高100円割れを試す展開となりました。FOMCの決定により一気にドル安になり商品市場は続伸です。原油は在庫の減少も含んで一段高。銅は久しぶりの4800ドル台、アルミ1600ドル回復、ニッケル10500ドル、貴金属も続伸です。やはり利上げは据え置きました。この調子で12月も据え置くのでしょう。また日銀も苦しさがうかがえるのが心配です。エコノミストの判断は年内は円高傾向が続くとの見方で、95から100円を想定しておりました。僕も同意見です。


このページのトップへ