相場情報

トップ >  相場情報 > 7/19銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

7/19銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/07/19 相場情報


LME銅建値計算値 69万 NY銅建値計算値 69万

LME銅セツルメント  5946ドル(+24ドル)⤵⤴⤴⤴⤴⤵⤵⤴  
LMEカーブ      5984ドル(+3.5ドル)⤵⤵⤵⤴⤴⤴⤴⤵⤴  
LMEアルミ      1827.5ドル(+8.5ドル) ⤴⤴⤴→⤴⤵⤵⤴⤴⤴⤴  
LMEニッケル     14685ドル (+455ドル)⤴⤴⤴⤴⤴⤴⤴⤴⤴  
TTS         108.84円(48銭円高)

 おはようございます。

市場の主役はニッケルとなっており現地7/8に付けた12525ドルから9連騰にて、本日14685ドル。2160ドルの上昇となっております。

そのほかの商品はアルミが小じっかりで1800ドル台キープ。銅は6000ドルを超えない。鉛も知らないうちに2000ドル突破。亜鉛も2500ドルに迫ってきております。よって銅が一番動きの少ない商材となっております。←たぶん中国経済が少々良くないとの判断でしょうか。

 経済が良くないといえばお隣韓国です。決して日本のせいではないですが、経済の不確実性から予想に反して利下げを行いました。(予定ではアメリカの7月利下げの後の予定でした)

 よってウォン安方向です。

もはや今までの日本とは違い今回は決してブレない強い態度で対峙しているので、長引いたりさらなる悪化に伴る追加の制裁の可能性もあります。もしかすると信用状(LC)の停止の可能性もあります。(ウォンの信用状を発行しているのは日本のメガバンクです。)

その他の国に最終的に行くのですが、韓国向けの輸出がだんだんと難しくなってくると考えます。よって、鉄やらステンレスやらを筆頭に一部雑線やらモーターやらもろもろ。動きが鈍くなりそうです。


定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ段落

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)




このページのトップへ