相場情報

トップ >  相場情報 > 7/17銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

7/17銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/07/17 相場情報

LME銅建値計算値 69万 NY銅建値計算値 69万

LME銅セツルメント  5959ドル(-38.5ドル)⤵⤴⤴⤴⤴⤵  
LMEカーブ      6012ドル(+29ドル)⤵⤵⤵⤴⤴⤴⤴  
LMEアルミ      1818ドル(+8ドル) ⤴⤴⤴→⤴⤵⤵⤴⤴  
LMEニッケル     13920ドル (+715ドル)⤴⤴⤴⤴⤴⤴⤴  
TTS         108.97円(57銭円高)

 おはようございます。

アメリカ小売売上高が予想より良く国内需要が底堅いことを意識できます。金属商品相場は全体的に小動きですがニッケルは7連騰‼インドネシアによる鉱石禁輸の可能性と電気自動車に使われるバッテリーにて需要が旺盛になるとの見方により上昇。

 インドネシアは昔も同じようなことがあったと記憶します。(間違ってたらごめんなさい)

 バッテリーで使用するニッケルは主にニッケル水素でもリチウムイオン電池でも 正極材として利用しておりますね。ここが需要が旺盛になるであろうとのことです。

 まだまだ需要の増大は相当先のような気がしますので、どちらにせよこのニッケルの相場は長続きはしないと予想します。

いつものごとく上がるの早いが下がるのも早いのがニッケルです。

7月後半相場
銅:6000ドル回復も、実需が伴わない
アルミ:低位安定 相場は横ばいであろうと予想します。
ステンレス:ニッケル爆謄も実需が…
鉄:いったん底打ちも…上げに反転するにはまだ早いと思います。
輸出:6類のライセンス問題から頭重いと見る向きもありますが、それなりに出ているという認識です。
プラスチック:弊社は扱ってないですが、一番儲かっていると予想します。(怒らないでください)

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ