相場情報

トップ >  相場情報 > 7/4銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

7/4銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/07/04 相場情報

LME銅建値計算値 68万 NY銅建値計算値 68万

LME銅セツルメント  5874ドル(-36ドル)⤵ ⤵  
LMEカーブ      5918ドル(+30ドル)⤴ ︎
LMEアルミ      1754.5ドル(-1ドル) ⤵ ⤵  
LMEニッケル     12185ドル (+160ドル)⤵ ⤵  
TTS         108.7円(78銭円高)

 おはようございます。

 銅相場は続落です。G20にて関税を棚上げしても後々からいろいろと発言が出てきて、弱気な材料となっております。また昨日発表されたADP非農業部門雇用者数の減少などもアメリカ経済の頭打ちを示唆するような内容。ISM非製造業は悪くはないですが、先日発表した製造業は悪く、やはり世界的に製造業は落ちてきていると数字に表れております。

 一週間ぐらい前の日経新聞に載っていたのですが、高炉である日本製鉄が鋼材の価格値上げを打ち出したとの記事が載っておりました。まずブラジルの鉱山事故によって鉄鉱石が値上がり、その他の耐火物やら資材やらも値上がり、コスト高となっているためと説明。

 しかしそこに立ちはだかったのが電炉である東京製鉄で、米中摩擦の煽りを受けて安い原材料(鉄くず)から作れる鋼材にたいして値下げの方針をうちだしましたとの記事です。

 ひと昔前の感覚からすると、自動車向けなどになる薄板など高級鋼は高炉しか作れないようなイメージがあったのですが、いろいろ技術も進歩して電炉でもよい物が作れるようになり、こういったことが起こりうるんだと思いました。

 なんにしてもスクラップをどんどん使ってください。

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ