相場情報

トップ >  相場情報 > 6/18銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

6/18銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/06/18 相場情報

LME銅建値計算値 67万 NY銅建値計算値 68万

LME銅セツルメント  5756ドル(-48.5ドル)⤵  
LMEカーブ      5845ドル(+22.5ドル)⤴ 
LMEアルミ      1719.5ドル(-18ドル) ⤵︎⤵⤵
LMEニッケル     11745ドル (-150ドル) ⤵⤵ 
TTS         109.66円(15銭円安)

 おはようございます。

 銅は小幅推移。昨日建値1万下げ発表がありましたが、NYカーブの計算ですと68万まで上昇。(決して下げなくて良かったのでは??とは言いません。建値をある程度リアルタイムにて発表して頂いたほうが僕は良いと考えます。)アルミは三営業日続落。ニッケルも弱い。アルミスクラップ価格はメーカーによって時期はずれる可能性がありますが、基本的に後半も濃厚味噌ラーメンぐらい下げ濃厚。

 下げ続けております(*´Д`)

 アメリカNY連銀製造業景気指数が予想11に対して、結果-8.6と大幅な下落。丁度メキシコへ関税をかけるかけないの時とのことで、結果メキシコへは関税を見送った経緯のなか、足もとの結果より悪化しているということらしいです。

 とあれ、製造業はよろしくないと感じております。また、対中関税第四弾への足掛かりとして公聴会を開いた模様。G20にて米中首脳会談が開けなければ発動も視野にはいっているということでしょうか。

 よってまた相場が動きそうです。

<脱プラ>

今日の朝のテレビにて、脱プラからアメリカ企業で缶メーカーであるボールという会社が取りざたされておりました。ネスレなど大手が環境を前面に押し出す中、ペットから缶へ移行していくような流れとの報道です。アルミは足もと関税がかかっておりますが、リサイクルの優等生だけあって、リサイクルが進めばそのコスト分程度は吸収できるとの試算なのかもしれません。

 金属使用比率が増えることは良いことです!

 さてやっとこさ明日には、国民の義務から抜け出せそうです。詳細は後日書きます。

 今週末の木曜日および金曜日は朝から二日続けて関東方面へ伺いますので、ブログ更新が遅くなりそうです。

それでは行ってきます。

定期物及び大口案件 お話あればメールの問い合わせにてご連絡頂ければと思います。(会社にお電話ですと直接僕に繋がりません) 

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


このページのトップへ