相場情報

トップ >  相場情報 > 6/6銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

6/6銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/06/06 相場情報

LME銅建値計算値 67万 NY銅建値計算値 67万

LME銅セツルメント  5832.5ドル(+28.5ドル) ⤴
LMEカーブ      5808ドル(-72ドル)   ⤵
LMEアルミ      1766ドル(+14.5ドル)  ⤴
LMEニッケル     11765ドル (-35ドル)  ⤵
TTS         109.13円(21銭円安)

 おはようございます。

 相場は小動き。今後はFRBが利下げに動けばドル安から商品高圧力はかかると思いますが、なにせ世界的な需要の減退が重しです。国内で言えば銅系国内メーカー様の動向を知ると非常に頭が痛いところ。いろんな意味で出口は見えておりません。

 MMT理論が取りざたされておりました。

ウィキペディアより  MMT理論とは

独自の通貨を発行できる政府は、どれだけでも通貨を発行できるため「デフォルト」に陥ることはなく、とめどおりなく国債を発行してもいつかは回収するから問題ないという理論です。日本政府および日銀は否定しておりますが、近いところを進んでいるように感じます。確かに計算上は問題ないように思えますが、少々怖いとも思えます。

 なんにせよ。現代版打ち出の小槌です。

これだけグローバルになると貨幣制度自体になにか違和感も覚えてきているなか、仮想通過も含めて10年後は違った世の中になっているかもしれません。とはいいつつ、アメリカが弱くならない(基軸通貨のドルが弱くならない)限り、アメリカが許しはしませんが・・・ 

僕も欲しい打ち出の小槌。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)


このページのトップへ