相場情報

トップ >  相場情報 > 6/4銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

6/4銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/06/04 相場情報

LME銅建値計算値 67万 NY銅建値計算値 67万

LME銅セツルメント  5796ドル(+15.5ドル) 
LMEカーブ      5843ドル(+12.5ドル)
LMEアルミ      1763.5ドル(+2.5ドル)
LMEニッケル     11860ドル (+180ドル)
TTS         109.34円(1円2銭円高)

 おはようございます。

 アメリカISM製造業購買担当者景気指標が予想されていた53ポイントを下回り52.1ポイントとなったことを受けて為替がドル全面安の展開です。この52.1ポイントですが2016年10月以来の低水準。ドル円では今年の1月14日以来の108円割れ。

 米中摩擦から経済が世界的におかしな方向へ行っているのは肌で感じれるようになってきましたが致し方ないのかもしれません。

6月に入りました。昨日建値改定にて67万となり年初来安値更新でございます。(年初来安値は1/11に付けた68万)またさらに年代を戻ってみると67万を付けたのが2017年までさかのぼります。それだけインパクトの大きな下げとなりました。業界内ではまだまだ下がると言っている方々がほぼ100%(笑)米中交渉の進展にてやっと下げ止まるような動きでしょうか。リスク回避の金の価格は上昇しておりますが、そのほかの金属価格も続落で目も当てられません。

6月前半相場感
銅:最弱商品。売りづらく買いづらく、この相場で荷も出ずらい…
真鍮:買い手無しに値段無し…相変わらずの粉が不人気。輸出込み中も元気なし
砲金:メーカー在庫多い状況変わらずも、他の商品よりはまだまし感。
アルミ:メーカーから前半値下げのアナウンス。荷動きも低位安定。
ステンレス:6月前半値下げ。
特殊金属:商品によってはマチマチだが、基本は相場下落につき値下げ。
鉄:地場価格本日からさらに値下げ。
雑品+雑線:マレーシア向けが現地の査察にて停滞。プラの煽りを受けつつあります。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (追加で選別許可取得中)



このページのトップへ