相場情報

トップ >  相場情報 > 3/30銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

3/30銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/03/30 相場情報

LME銅建値計算値76万 NY銅建値計算値76万

LME銅セツルメント 6485ドル(+100ドル) 
LMEカーブ     6483ドル(+118ドル)
LMEアルミ     1900ドル(+3.5ドル)
LMEニッケル    13015ドル (+235ドル)
TTS        111.99円 (63銭円安)

 おはようございます。

 米中通商交渉が進展との報道にて上昇。そりゃ経済規模の大きい2か国が交渉しているのだから、交渉が決着するまでは材料で相当上下しそうです。これてに来月の建値は2万上げスタートとなる予想。僕の考えは相場は弱気入りと見ていたので、スポット売りできるものは74万時に結構売ってしまった為なんらかんら失敗です。

 さて昨日の答えですが、中央のパイプはキュプロニッケルでその周りにらせん状にアルミ(分析しておりませんが、見た感じ3000系)が溶接してあるというもの。キュプロニッケルなので、海水による耐食性に優れていたり伝熱管などに用いられるものです。身近なところで100円や500円硬貨に使用しております。この手の場合は伝熱管(熱交換器に使用)であると思います。

 なにがすごいかって、この溶接技術が半端ないです。もちろん機械でやっているのですが、等間隔に薄いアルミをらせん状に数メートルも溶接していく… 
    そんな技術って素敵やん

 しかし、残念なことにリサイクルには完全に不向きです。相当安くなってしまいます。

 また新しい何かを発見したらお知らせいたします。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ