相場情報

トップ >  相場情報 > 3/8銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

3/8銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/03/08 相場情報

LME銅建値計算値76万 NY銅建値計算値76万

LME銅セツルメント 6458ドル(-47ドル) 
LMEカーブ     6424ドル(-44ドル)
LMEアルミ     1841ドル(-5ドル)
LMEニッケル    13380ドル (-230ドル)
TTS        112.67円(7銭円高)

 おおはようございます。

 金属相場は総じて下落。世界経済の鈍化の兆し。為替も円高。ECB理事会にて利上げを来年以降に先延ばしにするとの報道。ユーロ圏の景気減速感が鮮明です。ドイツは足元ゼロ成長、イタリアはリセッションへ、イギリスはブレクジットの先が暗黒です。日本企業もイギリスから撤退するような報道。

 ユーロ圏の心配をしているよりか、日銀も日本の景気判断を下方修正。景気の山を超えたとの判断は1年先にならないとわからないですが、おおよそ検討がつきます。昨年の11月か12月です。今後は様子をみつつ、少し我慢しなければならない時期となるかもしれません。

 今まで何でも通る雑品が段々と厳しくなり、それによって仕入れに対して一時非常にやりづらい状況でしたが、やれる物とやれない物が少しずつ浸透しつつあり話がしやすい状況になってきました。

そんな国内不加工物も僕の周りでいろいろと昨年の10月以降動きはありますが、まだまだ腰が重いと感じます。やっとこさ半年がかりでインドにサンプル出荷する程度です。うまくいくか行かないかは、送ってみないと解からないですが、今は挑戦することに意味があります。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ