相場情報

トップ >  相場情報 > 2/28銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

2/28銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/02/28 相場情報

LME銅建値計算値77万 NY銅建値計算値76万

LME銅セツルメント 6533ドル(+62ドル) 
LMEカーブ     6506.5ドル(+13.5ドル)
LMEアルミ     1898.5ドル(+28.5ドル)
LMEニッケル    12880ドル (+65ドル)
TTS        111.59円(42銭円高)

おはようございます。

銅価格は足元6500ドル付近。ニッケル13000ドル回復。米中交渉の行方やら米朝会談の行方やらを楽観的な見方が支配してリクスオンになっていると考えます。米朝会談はあと3~4時間後に開始とのこと。少々インドとパキスタンの地政学リスクが気になりますが、いつものことなのかもしれません。(カシミール問題)

前にも書きましたが、国内で変わった案件や今までまたことがないような商品の案件が増えております。

やはり中国の影響と言えると考えます。

どんな金属(アルミ・亜鉛・ステンレス・銅などなど)でも成分のおかしな物(コンタミ物)があります。例えば溶けて流れた物で成分が不透明なものや国内精錬後の残渣など。いままで最終的に中国へ行っていただろう商品が国内へ還流しており、そんな商品は国内では使えない及び使いづらい為、二束三文になっております。

単純にピカ線やら上故銅やら真鍮やらは目をつぶっていてもなんとかなりますが(ちょっと言い過ぎですね。何ともならない時もあります。)、新しく出てくるこういった物をいかに今後やっていくかも重要と考えます。

誰かいい案お持ちの方、ご連絡お待ちしております。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ