相場情報

トップ >  相場情報 > 2/26銅建値計算値と金属相場ブロ

相場情報

2/26銅建値計算値と金属相場ブロ

2019/02/26 相場情報

LME銅建値計算値77万 NY銅建値計算値76万

LME銅セツルメント 6546ドル(+57ドル) 
LMEカーブ     6480.5ドル(+2.5ドル)
LMEアルミ     1886ドル(-4.5ドル)
LMEニッケル    12940ドル (+10ドル)
TTS        111.78円(変わらず)

おはようございます。

 米中交渉が進展との報道にて、銅相場は昨年7月2日以来となる6500ドルを突破。前回の去年7月ははこの6500ドルにて蹴られて落ちていった覚えがあります。(苦い記憶です)

さて、今回はどうなるのでしょうか?

 さてこの銅相場の急激な上げですが、値段の上げアナウンス及び見積もりに対して非常に神経を使います。例えば2月月初建値71万時から足元76万まで5万上がっておりますが、5万分の上げ幅を足元では満額反映させることが難しいのです。もちろん国内メーカー様との売買契約方法によって多少ばらつきますが、時期も時期で月末にこの状態。来月この相場状況がいつまで続くかも視野にいれての見積となります。とくに月末から月初は入札案件が多いので、頭の痛い時期の上げとなります。

突っ込んで入れるか?様子見て落ち着いて入れるか?の二者択一です。

落ち着いて入れても落ちるときは落ちるのです・・・

本日は、午前中行政書士の先生と打ち合わせ(中間処理の選別取得、汚泥収集運搬、特管収集運搬の取得に対して)午後からゴソゴソ動きます。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ