相場情報

トップ >  相場情報 > 2/25銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

2/25銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/02/25 相場情報

LME銅建値計算値76万 NY銅建値計算値76万

LME銅セツルメント 6489ドル(+98ドル) 
LMEカーブ     6478ドル(+98ドル)
LMEアルミ     1890.5ドル(+32ドル)
LMEニッケル    12930ドル (+215ドル)
TTS        111.78円(8銭円安)

おはようございます。

米中協議が進展するとの楽観的な見方からさらに上昇。6500ドル付近。

 こんなに上がっていいものなのかとビビッております(笑)もし、今後なんらかの米中交渉悪材料が出た場合の反動が怖いです。しかし相場感としたらさらに上昇局面と見えます。


ミラノのコンサルタント会社Tコモディティーのジャンクラウディオ・トルリッツィ氏は、「銅は貿易協議を受けてかなり勢いを得ている。米中が合意できれば、7000ドル台に再び向かうのにそれほど障害はなくなる」と指摘した。

ロイター抜粋

相場は大分と温かくなってまいりましたが、荷物の動きはたいして温かくないように感じます。僕が鈍感なだけでしょうか。

 さて中国向け輸出(主にバルク向け)が止まってから細々した商品が出ていかなくなり、値段はさておき国内で加工及び売却ができないかとの相談や、合わせて第三国向けの輸出の案件を頂けております。どんな荷物が多いかというと、銅分は高いが国内では加工が必要なためむちゃくちゃ安くなる物、アルミが主体で輸出には向かない物(アルミは輸出単価を押し上げない)あと、ほんとに何ともならない物(笑)←これが一番多い

輸出自体、いつまで続くかわからないので安くても国内で流れる状況がベターとも考えだしております。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ