相場情報

トップ >  相場情報 > 2/21銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

2/21銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/02/21 相場情報

LME銅建値計算値75万 NY銅建値計算値75万

LME銅セツルメント 6351.5ドル(+105ドル) 
LMEカーブ     6405ドル(+86ドル)
LMEアルミ     1829.5ドル(-4ドル)
LMEニッケル    12700ドル (+270ドル)
TTS        111.75円 (22銭円安)

おはようございます。

 銅の最大消費国である中国の状態を考えると、なぜここまで上昇するのか?ちょっとばかし不可思議でありますが、結果は結果ですのでポジティブに捉えたいと思います。とは言いつつ、先日発表された日本の対中貿易輸出は前年同月比で17.4%減となりました。半導体製造装置などの減速が顕著との報道です。

 さて、節目となる銅建値75万が見えてまいりました。きっとドッと荷物が出てきてくれることでしょう。二日ぐらい前から大口の問い合わせが増えていたので前兆はあり、この流れをとめたくはないところです。

こういった相場の時によくあることで、逆にさらに上昇したので欲が出て荷物を引っ込める動きもでるかな?

次にステンレスですが、久しぶりに中部も上げ模様です。滞留していたスクラップもタイやらインドやらに流れて少しづつ緩和の方向・・・と相まって、荷動きが停滞みたいです。これまた上に書いた通り、上昇に変わると荷物が出てこないという現象に陥っている模様。弊社も含めてですが、下がるときはパニックのように出荷して、底をうって上げ調子になるとのんびり構えます。(商売が下手くそな証拠です)一年間通して考えれば、コンスタントに出荷していても大して変わらなハズなんですが・・・

鉄は数回上がって、その後動きは無いですが。まだ上げ調子かな?

本日、午前中打ち合わせと午後から倉庫の片付けのお見積り。

明日は朝から大阪出張なので、もしかするとブログの更新ができないかもしれません。土曜も・・・明日できなければ、次回月曜日です。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

銅・アルミ・ステンレス・電線・真鍮・砲金・鉄・特殊金属その他いろいろ金属買い取り回収
少量のお持ち込み歓迎回収はご相談ください!!
合わせて産業廃棄物収集運搬・処分可能です!
産業廃棄物収集運搬 愛知・三重・岐阜
産業廃棄物中間処理 圧縮  (選別許可取得中)


このページのトップへ