相場情報

トップ >  相場情報 > 1/8銅建値計算値と金属相場ブログ

相場情報

1/8銅建値計算値と金属相場ブログ

2019/01/08 相場情報

LME銅建値計算値68万 NY銅建値計算値68万

おはようございます。

米中貿易摩擦が懸念される中、中国の景気刺激策にて底堅い動きも5900㌦となっており、正直物足りないと感じます。


INGのアナリスト、ウォーレン・パターソン氏は、今週行われる米中貿易協議が失敗した場合、銅などの金属相場は再び下落する可能性があると指摘。ただ、今年は銅や他の金属のタイトな需給状況を受け上昇する公算が大きいとの見方も示した。  パターソン氏は、銅相場は4~6月期に平均6400ドルで推移し、年末には7000ドルまで上昇する可能性があると予想した。

ロイター引用  
こんな報道もあります。

気長に待ちましょう。

さて輸出向けは中国が終わり、メインマーケットはマレーシアに移行しております。正直いつまで続くのかは疑問なところはありますが、今のところはどちらかといえば拡大傾向です。メジャーなモーターであるとか???であるとかは問題なく輸出できておりますが、小ロットや細かな物は値段が付きづらかったり値段が出ない状況。やはりここが一番のネックでしょうか。今後この件は、もう少し掘り下げて考えたいと思います。

それでは、お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


このページのトップへ