相場情報

トップ >  相場情報 > 11/28銅建値計算値と金属相場

相場情報

11/28銅建値計算値と金属相場

2018/11/28 相場情報

LME銅建値計算値74万 NY銅建値計算値74万

おはようございます。
変わらずです。

クラリダFRB副議長発言により為替がドル高円安方向へ。商品は下落。ニッケルは安値10722.5まで下落。ニッケルの一年間の相場として、2018年12月6日に10740㌦付近から4月18日高値16687㌦を付けて足元10740㌦一年かけてチャートを見るとすごーーーーーーーい山の形となっております。

 そんなニッケル含有の汎用金属であるSus304の下落が止まりません。たぶんこの先も良くはならないでしょう。逆に悪くなっていく方向であると予想します。理由としては、海外メーカーがSus304スクラップからNPIへシフトしているということです。今後もNPIをさらに加工した商品も出てくるでしょう。海外メーカーは安くて使いやすいNPIよりお得にしないとメーカーは使わないということです。よって、今後も加速していくことでしょう。

 鉄の値下げが止まりません。直近MAX価格より5円以上下落しております。(地場価格参照)こういった時期にはお客様が「他所の業者はいくらだった」とよく言われます。少し前の価格帯であるため、弊社が安く映ってしまう残念な結果がそこにはあります…

安いって言わないでぇ~

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


このページのトップへ