相場情報

トップ >  相場情報 > 11/1銅建値計算値と金属相場

相場情報

11/1銅建値計算値と金属相場

2018/11/01 相場情報

LME銅建値計算値73万 NY銅建値計算値72万

おはようございます。
6000㌦割りましたが想定内です。

 金属価格は中国の製造業PMIが予想を下回り50.2となったことで全般的に下落。ちなみに予想は50.6。2016年1月以来の低水準です。よって銅は6000㌦を割り込み、アルミは1960㌦あたり、ニッケル11500あたりとなっております。為替は良好なアメリカ経済指標に引っ張られて円安。年内115円をめざすかもしれません。FXでいっぱつ儲けたい方自己責任でお願いします。

そんなこんなで11月建値一発目の発表が下げにての始まりです。

 さて、11月に入り一か月たったこともあるので、10月1日から始まった使用済有害機器の保管及び改正バーゼルの現状をお伝えしようと思います。

結論!!  10月前となんら変わっていない…  です。

僕の知っている範囲だけですが、 使用済有害機器の保管を取らずに役所の方々が調べに来たという話は聞きません。また、改正バーゼルでやり玉にあがった湯沸かしや配電盤などが輸出が止まったとも聞きません。(基板を取れば輸出はできますが…言わずともご理解ください)よって今まで通り、中国向け雑品(廃五金)はラスト11月末か12月月初までは続きそうです。また、12月頭ぐらいに現状を報告したいと思います。

あと、鉄の相場はあることがあったので弱気入りです…お早めに!

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

 


このページのトップへ