相場情報

トップ >  相場情報 > 10/30銅建値計算値と金属相場

相場情報

10/30銅建値計算値と金属相場

2018/10/30 相場情報

LME銅建値計算値74万 NY銅建値計算値73万

おはようございます。
まだまだ相場は想定内です。

 LME指定倉庫の銅在庫が減少していることを材料に上昇も足もとは6120ドル当たり。銅在庫の減少はスクラップの中国の輸入減に関係しているのでしょうか。
 日曜日の夜中にテレビ放送していたレアル対バルセロナのクラシコ(正式名称:El Clasico 伝統の一戦という意味、スペインダービーとも言う)を昨日再放送でみました。(眠すぎてリアルタイムでみれてません…)今回の試合は一方的な状態になった原因は中盤の支配力だったでしょうか。ここまで、一方的な状態は初めてで監督の采配が明暗を分けたようにも見えます。雑談は置いておいて…
 EUの雄であるドイツのメルケルさん率いるキリスト教民主同盟が連敗しイタリアの予算の問題とイギリスのブレクジット含めて、EUはよろしくない状態。ユーロ安が進みそうです。アメリカの経済指標も緩んできていることから、リセッション入りかもと思えてしまいます。

少しばかり自動車部品製造メーカー様から出てくるスクラップが減っているのも気がかりです。関税の問題でしょうか・・・長く続きそうです。

昨日銀行の支店長様がお見えになられこのコメントを見ると言われていたので、段々と下手なことは書けなくなってきました…t。t

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


このページのトップへ