相場情報

トップ >  相場情報 > 10/3銅建値計算値と金属相場

相場情報

10/3銅建値計算値と金属相場

2018/10/03 相場情報

LME銅建値計算値75万 NY銅建値計算値75万

おはようございます。

円安によって計算値が続伸です。足もとの銅相場は6300㌦を割ったところ。やはり、貿易摩擦による中国の景気鈍化傾向が頭を重くしているところです。

 先日も書きましたが、10月から業界に新たな法律が施行となりました。弊社は産業廃棄物の中間処理を所持しているので関係はありませんが、一番最初に影響があるといえば、有害使用済機器保管等届け出制度でしょうか。この法律は、今まで有価で買っていれば専ら物として法律の網にかからなかった物を、一部の商品に限りこの範囲でなくなり、保管場所や油水分離などをしっかりとして届けないといけなくなりました。今まで、そういった家電製品を含む28品目を扱っていたような、内陸のヤード及び港はすべて届け出をしないといけませんが、この届け出がなかなか厳しいのでほぼ扱えなくなると考えます。普通に産業廃棄物になるか、家庭から出るようなものは市町村にお願いするような形になっていくと思います。最終的には、市町村の小家電の入札数量が増え、中国へ送れなくなった今、役所もお金を払って処分していく形になると思います。

何度も書きますが、燃やして熱源と残った溶融メタルとスラグでOK!なのではないでしょうか。

今日は、現場を離れて久しぶりに下見&見積もりです。

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


このページのトップへ