相場情報

トップ >  相場情報 > 9/4銅建値計算値と金属相場

相場情報

9/4銅建値計算値と金属相場

2018/09/04 相場情報

LME銅建値計算値70万 NY銅建値計算値70万

おはようございます。

中国Caixinは4ヵ月連続で予想を下回り悪化も節目となる50はキープ。金属相場も中国の弱い数字により下落。銅は6000㌦割れ。アルミ2100㌦割れ。ニッケル13000㌦割れ。ニッケルは大幅下落も在庫減少中につき、そこまで悲観はしておりませんが、それよりか国内及び国外メーカーのステンレススクラップ使用量の減少から実需の落ち込みがひどい状況です。トータル的に見れば今後の米中貿易摩擦にてさらに数字も変化していくでしょう。

9月前半相場感
銅:建値72万時一部荷物動くも、建値1万下がり荷動き停滞。
アルミ:底堅く横ばいも荷物ダブつきにて一部商品相当重い動き。
ステンレス:先に書いた通りスクラップ使用減からダブつき値下げ
ニッケル屑:これまた使用減から重い
鉄:強含みとみているが…
雑品:10-12月のライセンス次第 その後は・・・

お問い合わせお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ




このページのトップへ