相場情報

トップ >  相場情報 > 2/15銅建値計算値と金属相場

相場情報

2/15銅建値計算値と金属相場

2018/02/15 相場情報

LME銅建値計算値80万 NY銅建値計算値81万

おはようございます。

為替は1年三か月ぶりとなる106.7をつけており、下値抵抗線だった107.30付近を割り込みました。円高が止まってくれればいいのですが、前も書きましたが短期円高局面です。加えてオリンピック終わると北朝鮮問題も再燃しそうでさらに円高圧力です。商品はドル安から続伸にて、銅7100ドル台に回復、アルミは小幅高、ニッケル14000㌦手前です。ドル安から金も続伸、原油60㌦回復、VIX20割れ(VIX指数が不正操作疑惑にて問題噴出です)。計算値1万上げ余地にて本日改定の可能性です。
さて、旧正月に入ります。出しにくい輸出向けの価格がさらに出しにくくなります(笑)というよりかほぼ憶測となりそうです。ライセンス問題やらダスト問題、国内からの規制と数か月間は低位安定ではなく低位不安定です。急にシャッターの閉まる同業者さんもあるかもしれません。売掛にはご注意ください(はれのひ㈱の二の舞にならないように…)


このページのトップへ