買取り事例

トップ >  買取り事例

買取り事例

電気メーターの買い取り

2018/03/09 買取り事例

電気メーターが入荷しました。
ちょっと前ですと、そのままガラス付で売れておりましたが、このご時世ガラスを除去しないと厳しくなってきております。ガラスの付いたままでも買取りできますのでご相談ください。

解体後

ガラス

 

 

 


電線色々入荷中です!

2018/02/19 買取り事例

いろいろな電線入荷しております!
下の電線はLEDの電飾用電線です。

電線の中では非常に悪い(安い)部類になりますが今のところ買い取り流通はできております。ちょっと会社の倉庫でも電飾しようかと思えるぐらいの量です( ´艸`)

次は1000スケの電線です。

これで1tぐらいあり、相当な重量があります。

電線にもいろいろ種類があってそれぞれ単価が異なります。お持ち込みやお問い合わせ頂ければ適正単価にて買取りいたしておりますので、お問い合わせください。


長尺真鍮棒コロ屑買い取り

2018/02/19 買取り事例

棚卸によって製品の状態での長尺真鍮(C3604)入荷致しました。

このままではメーカー様へ納入できませんので下に写っている移動式シャーリングにて切断後フレコンに入れ納入致します。

切断後

切断している作業風景も載せようと思っておりましたが、撮るのを忘れました・・・

長い状態でも大丈夫ですのでお問い合わせお待ちしております!

 

 


放電加工真鍮ワイヤーカット入荷とフレコン入れ作業

2017/04/27 買取り事例

放電加工用真鍮ワイヤーカットをバラでお持ち込み頂いたので重機にてフレコンへ詰める作業をしておりますが、このフレコン入れ作業思っている以上に大変です。1フレコンに入る量ならすぐできるのですが、バラの入荷が数トンあると何個にも分けないといけません。これが絡まって絡まってなんとも小分けにすることができず、ある程度フレコンにいれたらハサミで切って入れる作業を致します。その時だけ金髪を切る散髪屋となるわけです!よってビニール袋などにいれて保管して頂けると助かります。ワイヤーカットは真鍮やタングステン、モリブデンなどがありますので異材の混入に注意してください。またワイヤーカット一緒に加工後の屑(鉄や銅など)も高価買取致します!

 

 

 


線引きダイス買い取り事例

2017/02/21 買取り事例

線引きダイスとは、金属線材などをダイスを通して引き抜き仕上げる方法に使う工具です。中心部分に超硬(タングステンカーバイト)が使われており、超硬の割合に応じて単価が変わってきます。お問い合わせお待ちしております。

 


銅滓入荷

2016/12/09 買取り事例

 

銅滓が16t程度入荷しました。鉄箱で入荷したので、フレコン詰めするのが大変です・・・また相当な時間保管してあったのか、鉄箱の中でコンクリートのようにカッチンコッチン(名古屋弁?)に固まっていました。重機で削り取りながフレコンにちょっとづついれました。こういった銅含有の粉末やらカスやら大好きです。ヨダレが出ます・・・お問い合わせください。

 


名古屋市内より鉄鋳物コロ(鋳鉄)をお持込頂きました。

2016/10/17 買取り事例

dsc_0152

製品在庫であった鋳鉄コロをお持込頂きました。鋳鉄とは炭素を2.14%から6.67%、ケイ素を1から3%の範囲で含む鉄のことです。鋳鉄でもいろいろ種類があるので正直値段もピンキリです。定期的に排出されているかたのご相談お待ちしております。


トランススクラップ入荷致しました。

2016/09/12 買取り事例

img_20160912_080359

交流電力の電圧などを変換する変圧器が入荷致しました。別名トランス(transformer,Voltage converter)といいます。ちょっとおかしくなったトランス状態とは違います。おかしくなったほうはフランス語でtranceです。また、英記でトランスフォーマーとありますがカッコ良くは変形はしません。ユンボでつまむとぐちゃっと変形します。前回入荷したキュービクルの中や電柱の上などによく見かけます。中身のコイルが銅であったりアルミであったり、半分銅半分アルミなどがあります。中を開けてみないとわかりませんが、最近はほぼアルミの割合が占めております。1990年以前のものはPCBの混入が疑われますので、油の証明書が必要となります。不要になったトランスのお問い合わせ、お持込、お引き取り依頼お待ちしております。

 


熱交換器買い取り事例

2016/09/03 買取り事例

IMG_20160903_151227

熱交換器を買い取り致しました。鉄の筒の中に銅のパイプやらステンレスのパイプやら、いろいろな金属のパイプがはいっているのでガス切りにて切断してからの買い取りとなります。今回は銅でしたので高く買い取りさせて頂きましたが、ステンレスパイプや最悪なことに最近のは4分の1しか入っていないやつもちらほらありますので注意です。また1個数トンある巨大なものもあったりします。そういったものは現地までお引き取りにうかがうこともできますので、お電話などでお問い合わせください。


鉛管スクラップ買い取り事例

2016/09/03 買取り事例

 

IMG_20160903_151313

鉛管スクラップ入荷致しました。鉛の中でも不純物が少ないものの一つです。水道管に使われておりましたが鉛中毒の関係上どんどん塩ビ管に変えられており、めっきり発生がすくなくなった代物です。10年ぐらい前は平気で10t,20tと一回の発生があったのですが今となっては…です。発生が少なくなってきているためでしょうか、なかなか人気のある商品となりました。解体業を行っている方お持込お待ちしております。               

 


次のページ »

このページのトップへ